身体操法クラス

   

 

いにしえの人々が持っていた身体とは何か?

貝殻骨で星の響きを感じ

枯葉に腎の響きを感じる

花の響きを胸で聴く

古代人の身体を取り戻す為の芸術


このクラスは実は元々はウチのタイ古式マッサージのお客様に教えていた体操法、などなどでした。

というのもウチに来た方がいわゆるヨガ教室に行って身体を壊したりしていたので基本的な身体使いの基本文法として覚えて貰いたかったからです。

マッサージ受けにくるお客様が自己管理すればマッサージ受けに来る必要なくなりますから。

実際70代で杖ついてウチに来た方も今は元気に仕事されててもうウチにはサッパリ来なくなった、みたいな話もあります。

また、40代で更年期障害だと思っていた症状が毎日身体操法を行うことで全部消えてしまったとの話もあります。


ウチで教えている色々なワークを受けに来る方も頑張って行をし過ぎて身体を壊す方がいます。

そういう方に身体操法をお伝えすると動きが俄然良くなるんですよね。


僕自身は元々行のやり過ぎでギックリ腰を3,4回やりましてそこで現代人の身体で直接伝統的な行をそのままやる事が出来る、とはどうしても思えなくなったのがこの身体操法を作るキッカケになりました。

問題は伝統的な行をやる前提としての基本的身体の状態が現代人には無い、という事です。

身体操法は明治以降に日本人の心身に植えつけられた心と身体にある分断を修復させるものです。


動きが臓器に与える影響、気脈と軸の関係性などの座学も交えてクラスを行います。

今のところ1〜5➕フリークラスまであります。

基本的にどのクラスから受けて頂いても大丈夫なようにやります。


また同じテーマのクラスでもその時に来られた生徒さんの身体に合わせてやりますのでメニューは毎回異なります。
 
 
一名様からでもリクエスト開催受け付けております。



参照記事





お申し込みは oshokrantiアットマークyahoo.co.jp
krantiまで




書「昇降開合」